外壁塗装が持つ効果について

外壁塗装の持つ役割とは

戸建て住宅は定期的なメンテナンスが必要になりますが、外壁塗装もそのひとつです。長年紫外線にさらされることによって、塗料は劣化するために、塗装のし直しが必要になるわけです。外観を綺麗にする目的もありますが、外壁塗装には建物を守る効果があります。下地処理を行う際に、防水加工を施すので雨水が入り込むことを防ぎます。雨水が塗装の隙間から建物内に入り込んでしまうと、躯体が傷むようになります。その結果、住宅の寿命が縮まってしまいます。

外壁塗装の持つ大切な効果について

雨水による躯体の劣化を防ぐためにも、劣化した塗装は一度全て削ぎ落としてから防水加工の下地塗りを行い、その上から本塗りの塗装を行うことになるわけです。下地処理をきちんと行えば、塗料の種類にもよりますが外壁塗装は長持ちするようになります。そして他にも、塗装を行うことによって得られる効果は色々とあります。例えば断熱性を持つことによって、建物の内装を外気からも守るようになります。さらに防火性を備えたものもあります。

断熱性を高める効果について

外壁塗装によって建物を丸ごと守るようにして断熱性を高めることで、室内環境は外気の影響を受けにくくなります。その結果、エアコンなどの冷暖房効率が高まることで、光熱費を削減することにつながります。さらに建物の内部に結露が発生することも防げます。カビの発生を防ぐことで人体にも良いものですし、さらに躯体の結露を抑えることで建物の寿命が延びます。このように断熱効果の高い外壁塗装を行うことで、快適な室内環境を維持することができます。

施工終了後に他の塗装業者の方が良かったと後悔をしないためには、外壁塗装の相場を調べることはとても大切です。